▼ MENU

浴衣着付け 簡単な帯結びリボン返し動画

投稿日: 2018年6月4日  | カテゴリ: 浴衣

今年こそ自分で浴衣を着たい。そんなあなたにお送りする浴衣の着付け動画

キモノサリー着付け教室の動画で一番人気がある動画をご紹介します。

 

浴衣着付け 簡単な帯結びリボン返し動画

 

浴衣の帯結びで一番簡単であり、見栄えが良いもの。

 

凝った感じの帯結びに見えます。

 

でも実は一番簡単です。帯で蝶々結びをしているだけ。

 

そしてお太鼓部分は結び目を隠しています。

 

お太鼓の部分はふっくらと。

 

帯の長さに寄って、仕上がりの表情が変わります。

 

 

YouTubeからのコメントで一番多い質問が「この帯の長さはどのくらいですか?」

 

こちらの帯の長さは、330cm

 

この帯結びをするには、ちょうどいい長さです。

 

長すぎても格好がつかないし、短いとお太鼓のふんわり感が出ません。

 

 

ちなみに素材はポリエステル。

 

ポリエステルは締めにくいものが多いと感じますが、こちらは締めやすいです。

 

 

===動画の内容を文字てお伝えします===

練馬区成増駅近くのキモノサリー着付け教室の福田です

※現在は渋谷区千駄ヶ谷駅近くに移転しています

 

 

手先の見分け方は、裏側に縦の折り目が入っています 何度も利用していると、折り目が付いてきます。

 

手先の長さは片手幅よりも長く肩くらいまで取ってください。

 

顔の真下で、帯巾を広げます。三角形を作って手先を左肩に掛けます。

 

その時に、輪が外になるようにしてください。

 

胴に沿って右に巻きつけていきます。

 

1周回してきたら、帯の上の部分と下の部分を締めます。

 

2周目はひと巻き目にきれいに沿うように、巻いてください。

 

顔の下まで来たら、左手でふたつ折りに折り上げます。

 

右手は親指が外に出るように持ち、常に引っ張ってください。

 

 

 

再度、上の部分と下の部分を引っ張って締めてください。

 

 

 

顔の下で、左手でふたつ折りに折り上げます。

 

右手は親指が外に出るように持ち、常に引っ張ってください。

 

 


右側の方からふたつ折りにして外側に折り返し、結び目を右手で握ります。

 


それを左側に倒して、左の羽根にします。

 

左側の帯も縦のふたつ折りをつくり、蝶々結びにします。

 

左右の羽根の長さを揃えて、ふたつ折りにした羽根を広げます。

 

左側のタレから結び目の裏を通って、引き抜きます。

 

根元から帯巾を広げて、お太鼓にします。

 

反対側のタレも同じ場所(結び目の裏側)を通って引き抜きます。

 

根元から広げて、お太鼓部分をつくります。

 

タレの2枚を少しずらすと、格好が付きます。

 

 

 

回す時の注意点

 

右手は結び目の左側、帯2枚を確認して上を持ちます。

 

左手は背中心の近く帯の上の部分、帯2枚を確認して持ちます。

 

90度を2回右回しをしてください。

 

 

左右から後ろ姿を確認して、背中の真ん中に帯結びがあるかを確認してください。

 

回す時に、羽根が下がってしまったら、羽根の先を左右で持ち、水平にしてください。

 

 

もし、結び目全体が緩くなってしまったら、結び目の帯下からタオルハンカチを折って入れてください。

 

 

 

タオルハンカチは帯結びが落ちないように土台にします。

 

 

もし近くにお友達がいたら、形を整えてもらいましょう。

 

 

 

いかがでしたか?簡単ですのでやってみてくださいね。

 

 

右側の方からふたつ折りにして外側に折り返し、結び目を右手で握ります。

 


それを左側に倒して、左の羽根にします。

 

左側の帯も縦のふたつ折りをつくり、蝶々結びにします。

 

左右の羽根の長さを揃えて、ふたつ折りにした羽根を広げます。

 

左側のタレから結び目の裏を通って、引き抜きます。

 

根元から帯巾を広げて、お太鼓にします。

 

反対側のタレも同じ場所(結び目の裏側)を通って引き抜きます。

 

根元から広げて、お太鼓部分をつくります。

 

タレの2枚を少しずらすと、格好が付きます。

 

 

 

回す時の注意点

 

右手は結び目の左側、帯2枚を確認して上を持ちます。

 

左手は背中心の近く帯の上の部分、帯2枚を確認して持ちます。

 

90度を2回右回しをしてください。

 

 

左右から後ろ姿を確認して、背中の真ん中に帯結びがあるかを確認してください。

 

回す時に、羽根が下がってしまったら、羽根の先を左右で持ち、水平にしてください。

 

 

もし、結び目全体が緩くなってしまったら、結び目の帯下からタオルハンカチを折って入れてください。

 

 

 

 

 

 

帯結びの根元を支える役割のタオルハンカチで土台にします。

 

 

鏡を見ながら形を整えます。

右から見る左から見る 羽が縦になっていたら、両手で羽の高さを同じにしてください。

もし近くにお友達やご家族の方がいらっしゃいましたら、整えてもらってくださいね。

 

 

いかかでしたか?

 

 

簡単ですのでやってみてください。

この記事の関連記事

個人レッスンだからすぐに身につく♪   1時間以上かけて通う生徒さんが多い   練馬区 成増駅近くの着付け教室 キモノサリーの福田早苗です         おはようございます   浴衣のしたって汗をたくさんかくので、タオルや下着

個人レッスンだからすぐに身につく♪   1時間以上かけて通う生徒さんが多い   練馬区 成増駅近くの着付け教室 キモノサリーの福田早苗です       いよいよ今週末は、大きな花火大会が多いので、浴衣でお出かけになる方が   多い

  練馬区・板橋区・成増駅ちかくの着付け教室キモノサリーの講師 福田早苗です 6月より渋谷区千駄ヶ谷 北参道駅から徒歩7分の場所に移転します     昨日は重要な発表をしたわけですが、早速ご遠方からのお客様のお問い合わせが入っております。


アーカイブ

2018

最新記事

ホームページを見た!とお伝えいただければ

きもの着付け体験レッスン今だけの3240円!
とさせていただきます

レッスン中の着物・浴衣一式 レンタル無料

※入会金は頂きません

体験レッスンの日程はこちら

有名サッカー選手の袴着付けをさせていただきました

大久保嘉人さんの動画のページをご覧ください

こんにちは

はじめまして、講師の福田早苗です。 「着物が一人で着られる」という自信がもてる。どんな不器用さんでも大丈夫です♪

視線が集まり背筋が自然に伸びます。世の男性も優しくしてくれます。 着物をもっと気軽に着ることができたら、お出かけが楽しくなりますよ。

キモノサリー着付け教室代表
福田 早苗

有楽町線、副都心線 地下鉄成増駅から徒歩7分
豊渓中学校入口交差点近く
東京都練馬区旭町3丁目23-13

受付時間 毎日10:00~19:00

YouTubeチャンネル着物雑貨販売http://ameblo.jp/otohamesanae/